2010年07月27日

組織を考え、変革する、人材を育てる (2)

組織開発を目指すファシリテーターの考え方は、子供を育てる親に似ている。
いかに、子供(相手)が学び、たくましく成長し、幸せになれるかを考え
るのである。
そのために必要なのは、知恵や知識で相手を圧倒することではない。
単に相手の欲求を満足させることでもない。
相手に主体性を発揮してもらうために、ファシリテーターとして、どんな
サポートができるかを真剣に考え抜くのである。

問題解決のプレッシャーが強いビジネスの現場においては、点滴や投薬
にあたる即効治療への圧力や誘惑がきわめて顕著である。
組織のマネジャーやリーダーは、この種の圧力や誘惑に抗して、組織の
長期的な健康や成功を考えなければならない。

組織全体を達観して何が肝心なのか見極め、全体の健康をないがしろに
しないようにするのだ。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net


posted by ホーライ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織を変える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。